2 五・一五事件
1)国家主義の高まり
 1930年代に入ると、軍部の青年将校や民間の国家主義による急進的な国家改造運動が活発となった。彼らは元老・政党・財閥などの支配層が国家の危機と国民の窮乏をよそに、私利私欲にふけっているものとして、これらの支配者たちを武力で打倒しようと計画するようになった。
 1931年3月には、陸軍の桜会の将校と民間の国家主義者たちがクーデターを起こし政党内閣を打倒して軍部政権の樹立をはかろうとする3月事件が起こった。満州事変が勃発するとこうした動きが一層激しくなり、同年10月には、同様な十月事件が起こった。両事件はともに未遂に終わったが、十月事件は満州事変の不拡大方針をとる若槻内閣を退陣に追いこんだ。しかし、この事件が公になったのは戦後になってからである。
  また、政党政治や財界の指導者に対するテロの動きも起こり、1932年2月には前蔵相井上準之助、3月には三井合名理事長団琢磨(たくま)らがあいついで血盟団によって暗殺されるという血盟団事件が起こった。血盟団は、国家主義者で僧侶の井上日召(にっしょう)を指導者とする右翼団体で、茨木県大洗(おおあらい)で農村青年に国家改造の必要を説き、多数の政財界の要人暗殺を計画した。
a0226578_10443392.jpg
(小学館「日本の歴史30」より)
a0226578_10462147.jpg
(小学館「日本の歴史30」より)
2)五・一五事件
 不穏な事件がつづくなかで、1932年5月15日には海軍青年将校の一団が、白昼、首相官邸を襲って犬養首相を射殺し、さらに牧野内大臣邸・警視庁・政友会本部・日本銀行などを襲った。これがいわゆる五・一五事件である。
a0226578_10481459.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_10493150.jpg
(小学館「日本の歴史30」より)
3)挙国一致内閣
 首相殺害という暴力に対して、軍部は事件に関与した軍人を軽い処分に済ませただけであった。かえって、事件のたびごとに軍部の発言力は強まり、犬養内閣のあとには、退役海軍大将斎藤実(まこと)が首相となり、荒木貞夫陸軍大臣・高橋是清大蔵大臣の留任、さらに政友会と民政党からの入閣による挙国一致内閣が成立した。これ以降、軍人や官僚、重臣らを首相とする挙国一致内閣が13代にわたってつづき、護憲三派内閣以来の政党内閣はわずか7年で終わった。
 次回の第65回日本史講座は、9月9日(土)午後2時より行う予定です。
[PR]