2 二・二六事件と軍部の台頭
1)陸軍内部の派閥対立
 1930年代半ばごろには、陸分の内部にいわゆる皇道派と統制派を中心とする派閥対立がしだいに激しくなった。荒木貞夫を中心とする皇道派は天皇中心の革新論を唱え、元老・重臣・政党・財閥などを強く排撃した。このグループは北一輝の思想的影響を受けた急進的な青年将校たちが集まっていた。これに対し林銑十郎を中心とする統制派は、政界・経済界と連携して合法的な国家改造をめざしており、参謀本部・陸軍省の中堅将校たちの支持を集めていた。荒木が陸相だった時代には皇道派の動きが活発だったが、彼に代わって林が陸相になると永田鉄山を軍務局長に起用して皇道派をおさえようとした。1935年にはこれに反発した皇道派の将校が永田を殺害する事件も起こされ、両派の対立は一触即発となった。
2)二・二六事件
 1936年2月26日未明、急進的な皇道派青年将校たちは、1400名の兵を率いてクーデターを起こし、首相・蔵相・内大臣・教育総監などの官・私邸、警視庁などを襲撃して、蔵相高橋是清(これきよ)・内大臣斎藤実(まこと)・教育総監渡辺錠太郎(じょうたろう)らを殺害し、永田町一帯を占領した。これが二・二六事件である。この事件は正規軍による反乱であり、今までにないほど大規模なものであった。陸軍当局ははじめこの処理にとまどったが、海軍側の強硬鎮圧方針や天皇自身の意向もあり、結局鎮圧に乗り出した。反乱軍は蜂起後の具体的なプランもなかったこともあって間もなく帰順し、青年将校たちは自殺あるいは降伏して事件は鎮まった。
a0226578_09372754.jpg
(小学館「日本の歴史30」より)
a0226578_09391943.jpg
(三省堂「日本史B」より)
a0226578_09401776.jpg
(小学館「日本の歴史30」より)
3)軍部の台頭
 この事件をきっかけに統制派は粛軍(しゅくぐん)人事によって皇道派を一掃して、政治への発言力を一段と強めた。そして、岡田内閣に代わって成立した外務官僚出身の広田弘毅(こうき)内閣に対して、軍部大臣現役武官制の復活と、軍備増強や南方進出の要求を受け入れさせた。

[PR]