<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3 律令支配のしくみ
1) 人民
 この時代の人々は、姓(かばね)をもつ良民(りょうみん)と姓をもたない賤民(せんみん)とに大きく分けられ、良民はさらに、位階(いかい)をもつ官人と、各種の税や労役などを負担する公民、瓦づくりや織物などの技術をもって朝廷に仕える品部(しなべ)・雑戸(ざっこ)にわけられた。
 賤民は人口の数%で、官有の陵戸(りょうこ)・官戸(かんこ)・公奴卑(くぬひ)と、貴族や大寺院などが所有する家人(けにん)・私奴婢(しぬひ)がいた。これを五色の賤(ごしきのせん)と呼ぶが、家人や奴卑は一目でわかるように衣服の色が黒色と決められていた。奴は男性・婢は女性の賤民を指している。しかし、賤民が戸籍のまちがいを訴えて良民への変更が許されるなど、良民と賤民との間ははっきりしていなかった。
2) 人民支配
 人々は、本籍地で戸(郷戸)ごとに戸主(こしゅ)や家族の名前などを戸籍や計帳(けいちょう)に登録され、50戸を1里(り)として編成された。戸籍は人民登録の基本台帳で、6年ごとに作成された。計帳は調・庸を課すための基本台帳で、毎年作成された。
a0226578_10493471.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_1049353.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
3) 班田収受法
 朝廷は、満6歳以上の者に口分田(くぶんでん)を与え、死亡すると6年に1度の班年(はんねん)をまって返還させる班田収受法(はんでんしゅうじゅほう)を実施して、最低限の生活を保障するとともに税を負担させた。口分田は朝廷のものとされ、売買は禁止され、班田収受を円滑に行うために、土地を正方形に区画した条里制(じょうりせい)が全国に実施された。口分田は、6歳以上の良民の男性に2段(反)、女性に1段120歩(ぶ)、また、家人や私奴婢は朝廷から最低限の保障すらされず、良民男女のそれぞれ3分の1とされた。口分田の大きさや与えられた土地までの距離は場所によって異なっていた。なお、1段は360歩で約11.7a(アール)で1170㎡ に相当する。唐の均田制と比較すると、唐では15歳以上の男子には40畝が与えられたが、これをメートルに換算すると2680㎡で、班田収受では6歳以上の男子に2段だから2340㎡与えられたことになる。
a0226578_10503868.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_1050338.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 次回の第8回日本史講座は、11月8日(土)午後2時より行います。
[PR]
2 支配地の拡大
1) 東北支配
 律令国家は中央の政治組織の整備とともに、支配地を拡大した。712年に日本海側の越後国を分割して出羽(でわ)国をもうけ、733年には秋田城をきずいた。太平洋側では、724年に陸奥国に多賀城(たがじょう)をおいて鎮守府(ちんじゅふ)として、東北支配の拠点にし、北方への進出をはかった。
a0226578_10591345.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
2) 九州南部
 九州南部では、713年に日向(ひゅうが)国を分割して大隅(おおすみ)国をもうけ、種子(多褹)(たねが)島や屋久(掖玖)(やく)島との通行もはじまった。
3) 朝廷への抵抗・反抗
 狩猟・採集経済を営み、独自の文化をはぐくんでいた東北や九州南部地方では、律令体制に組み込まれることに抵抗する人々の反乱がしばしば起こった。そのため、朝廷は北陸や関東の人々を柵戸(きのへ)として東北に送り込んで開墾させる一方、服属した蝦夷(えみし)には課役などを免除して関東など各地に強制移住させて、蝦夷の勢力を弱める政策をすすめた。蝦夷とは、古代に東北地方に居住し、大和政権に抵抗した人々に対し、中華思想に基づいて名付けられた蔑称でありアイヌ民族ではない。この頃、朝廷は唐の中華思想の影響を受け、新羅や朝廷に服属しない東北や九州南部の人々を蝦夷や隼人(はやと)と呼んで、蔑視しはじめていたのである。
a0226578_10591085.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
[PR]
 第7回日本史講座は、10月25日(土)午後2時より受講者9名の参加で行われました。
  第4章 古代国家と天平文化
 Ⅰ 平城京と律令体制
1 平城京の繁栄
 日本の古代史が世界の他の国と大きく違うのは、古代の支配者であった天皇がそのまま現代も天皇として君臨していることである。このような天皇を頂点とする中央集権的な体制が制度として整えられたのが律令制度である。律令制度そのものは200年で崩壊したにもかかわらず、その理念はその後も受け継がれ、武家政権も自己の支配を正当化するために天皇を利用してきた。そして、明治政府はこの天皇制を最大限利用して近代化を推し進めるとともに、台湾や朝鮮半島、そして中国への侵略を行った。その結果がアジア・太平洋戦争での敗北である。戦後、天皇の「人間宣言」が行われたにもかかわらず、古今和歌集で天皇を賛美する「君が代」がそのまま国歌として存続し、大阪府の高校では、校長が教頭に命じて「口パク」かどうかを確認させるということが行われた。そして、「口パク」だと思われる教師を校長室に呼び出し、「始末書」を書かせたということである。こんなことはおそらく戦前の軍国主義の時代でも行われなかったであろう。まさに、古代の天皇制が現代につながっているのである。
1) 大陸との交流
 中国では、7世紀から8世紀前半にかけて、唐が大帝国をきずき、国際色豊かな文化が花開いた。隆盛をほこる唐にならって、国づくりを行おうとした東アジアの国々は、唐の影響を強くうけることになった。
 律令制度を整えた朝廷も、702年に遣唐使を復活させ、唐の文物や制度の摂取につとめた。しかし、新羅との対立が続いていたため、遣唐使船は新羅沿岸を通る北路をさけ、海流や風の影響を受けやすい東シナ海を横断する危険な南路や南島路(なんとうろ)をとらざるをえなかった。一方、7世紀末におこった渤海(ぼっかい)とも盛んに交流したため、日本海には交易船が盛んに行き交うようになった。渤海との交易では、渤海からは貂(てん)・虎などの高級毛皮・朝鮮人参・蜂蜜などが、日本からは絹布(けんぷ)・麻・漆器(しっき)などが交易品として送られた。
a0226578_11224182.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
a0226578_11235936.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
2) 平城京
 710年、元明天皇の時、唐の都長安にならって、平城京が造営された。平城京は、天皇の居住する都にふさわしい場所として大和平野北部の東西交通の要地が選ばれ、全国から人々を動員してつくられた。新都は、天皇の居住する内裏(だいり)と中央官庁街がある平城宮を北辺の中央に置き、朱雀大路(すざくおおじ)を中心に碁盤の目状に道路が整備され、貴族の大邸宅や飛鳥から移転した寺院、東西両市(いち)が配置され、およそ10万から20万人が住む大きな政治都市となった。
a0226578_11245199.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
a0226578_11254415.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
3) 資源開発と貨幣鋳造
 朝廷は、資源開発につとめたため、周防(すおう)(山口県)の銅や伊勢(三重県)の水銀、陸奥(東北)の 金などが発見され、武蔵(むさし)(埼玉・東京)から銅が献上されたのを機会に、708年、和同開珎(わどうかいほう)と呼ばれる貨幣を鋳造した。これ以降、10世紀の乾元(けんげん)大宝まで朝廷によって発行された貨幣は皇朝(こうちょう)十二銭と呼ばれている。しかし当時は、米や布などの現物取引が中心であったため、貨幣の流通を促すために畜銭叙位令(ちくせんじょいれい)などが出されたものの、あまり効果が上がらず、普及しなかった。なぜ普及しないような貨幣を朝廷は発行したのかというと、おそらく中国で発行されている貨幣を日本も鋳造しているという見栄のためにつくったのではないかと考えられている。
a0226578_11262015.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
4) 古事記・日本書紀の編纂
 唐との交流や新羅との緊張関係などによって、支配者階級の間で国家意識が高まった。712年に太安万侶(おおのやすまろ)と稗田阿礼(ひえだのあれ)によって『古事記』が書かれ、720年には舎人親王(とねりしんのう)らによって『日本書紀』が完成するなど、国史の編纂が本格的にはじまった。『日本書紀』は漢文による編年体で書かれた最初の六国史(りっこくし)で、中国古典の深い理解のもと、天皇家中心の歴史を神話や史実をおりまぜて描かれている。713年には、国ごとの地名の由来や伝説、物産などを細かく記した日本最初の地誌である『風土記(ふどき)』の提出を諸国に命じた。
[PR]
4 白鳳文化
1) 特色
 白鳳文化とは、645年の大化の改新から710年の平城京遷都までの文化をさしている。この時代は、天武・持統朝を中心に唐の律令制をまねてつくられた律令国家の意欲を反映しており、中国風都城の藤原京を中心とした天皇や貴族中心の華やかな文化である。また、初唐文化の影響をうけたあらたな仏教文化が花開いた。ところで、名前の由来となった白鳳という元号は日本書紀にはなく、続日本紀に表れており、天武天皇の年号であるとされているが確かなことはわからない。
2) 仏教の伸展
 天武天皇は国を守る宗教として仏教をあつく保護し、官立の大寺院を官寺として、藤原京の大官大寺(だいかんだいじ)(のちの大安寺)や薬師寺、飛鳥の川原寺(弘福寺)(ぐふくじ)などをつぎつぎに建立した。国家によって保護された仏教は地方に急速に広まり、郡司らは氏寺(うじでら)を建立していった。また、中国から経典や注釈を集大成した一切経(いっさいきょう)がもたらされ、経典の書写や研究もはじまった。一切経は大蔵経(だいぞうきょう)とも呼ばれ、仏教の聖典を集大成したもので、釈迦の説法についての経、仏教徒の生活を規定した律、教義に関しての注釈などを集めた論からなっていた。
3) 仏像
 仏像では、初等様式の明るさと迫力にあふれた興福寺仏頭(こうふくじぶっとう)や薬師寺金堂薬師三尊像(やくしさんぞんぞう)・同東院堂聖観音菩薩像(とういんどうしょうかんのんぼさつぞう)などが生まれた。興福寺の仏頭は、飛鳥にあった山田寺の本尊として7世紀後半に制作されたが、平安時代の末期に興福寺の僧兵によって奪いとられた。山田寺丈六物(じょうろくぶつ)とも呼ばれている。また、薬師寺は藤原京で建立され、のちに平城京に移ったため、薬師三尊像や東塔は、藤原京でつくられたという説と、平城京であらたにつくられたとする説がある。
a0226578_10181761.jpg
(三省堂「日本史B」より)
a0226578_10193322.jpg
(三省堂「日本史B」より)
4) 絵画
 絵画では、インド・西域(さいいき)の壁画に影響をうけた法隆寺金堂壁画や飛鳥の高松塚古墳壁画などが描かれた。特に法隆寺金堂壁画の阿弥陀浄土図に描かれた菩薩像には、インドのアジャンタ石窟寺院に描かれた壁画に似ており、グプタ様式の影響をうけたといわれている。私は、インドでアジャンタ石窟寺院の壁画を、さらに中国では敦厚莫高窟(とんこうばっこうくつ)の観音菩薩像も見たが、インドの仏教壁画がシルクロードを通って飛鳥に渡ってきたことがよくわかる。しかし、法隆寺の金堂壁画は1949年の火災で焼失してしまった。
a0226578_10203348.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
a0226578_10221842.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
a0226578_10225426.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
5) 文学
 百済の亡命貴族がもたらした漢詩文が流行し、貴族の教養とされるようになり、大津皇子(おおつのみこ)らのすぐれた作家が生まれた。また漢詩文の流行は、日本古来の歌謡に起源を持つ和歌にも影響をあたえ、五音や七音を基本とする短歌・長歌などの形式を生み出し、額田王(ぬかたのおおきみ)や、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)らの歌人が出た。この時代の漢詩文や和歌は、それぞれ『懐風藻(かいふうそう)』と『万葉集』におさめられている。
 次回の第7回日本史講座は、10月25日(土)午後2時よりおこなう予定です。
[PR]
3 官僚制度のしくみ
1) 官位相当の制
 唐の律令制度をまねてつくられた日本の官僚制度ではあったが、そのなかには日本独自のものが取り入れられていた。畿内の有力豪族らが朝廷の官僚として編成され、家柄や能力におうじて初位(そい)から一位までの位階(いかい)をそれぞれあたえられ、位に相当する官職に任じられたがこれを官位相当の制と呼ぶ。貴族と呼ばれたのは五位以上の者で、その定員は、100人以下だった。そのなかでも、三位(さんみ)以上の者は公卿(くぎょう)と呼ばれた。官人は税を免除され、公卿ら上級官人には位階や官職におうじて、田や封戸(ふこ)が支給された。詳しく説明すると、位にたいして田が支給される位田(いでん)。官人の地位にたいして田が支給される職田(しきでん)。位にたいして封戸(ふこ)という農民の戸の納める税が支給される位封(いふ)。官人の地位にたいして封戸(ふこ)が支給される職封(しょくほう)。さらにすべての官人には春と秋に季禄(きろく)として絹や布や鍬(くわ)などが支給された。
a0226578_10381915.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
[#IMAGE|a0226578_10395923.jpg|201410/14/78/|mid|578|693#(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_1041625.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_104365.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
2) 蔭位の制(おんいのせい)
 上級官人にはさまざまな特権があたえられ、その待遇には下級官人と格段の差があった。さらに、貴族の子や公卿の場合はその孫までは、21歳になると自動的に一定の位階につくことが保証されていたが、これを蔭位の制(おんいのせい)と呼ぶ。中・下級官人や郡司の子弟らは、都では大学に、地方では国学にそれぞれ入学して、律令の研究をする学科である明法道(みょうぼうどう)や儒教の研究をする学科である明経道(みょうぎょうどう)、さらに中国の『史記』や『漢書』などを研究する学科である紀伝道(きでんどう)などを学び、試験をうけて官人に登用された。しかし、彼らは優秀な成績で大学を出ても、最高位でも正八位からであり、貴族の子弟のあつかいとはかけはなれていた。
a0226578_1044371.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 官僚制度は有能な人材を登用することを目的としていたものの、じっさいには、大化改新以前からの畿内の有力豪族が上級官人となり、一般庶民が下級官人にされることはなかった。
 中国でも上級官人を貴族が独占していた。そのためその弊害を打破するために隋の時代に学科試験による官吏任用制度が初めて実施されたが、これが後に科挙と呼ばれる制度であり唐代に制度が整った。しかし、唐の時代はまだ貴族の勢力が強く、重要な官僚のポストは貴族が占めていた。唐が滅亡し、宋の時代には貴族が没落していたということもあるが、すべて官僚になるためには科挙試験を受けなければならなくなった。身分や家柄などにとらわれず、科挙という学科試験に合格すれば、だれでも高級官僚になり富と地位を獲得することができる。科挙制度は、まことに平等で優れた制度ではあったが、その学科試験は『四書五経』などの古い儒教や漢詩などの教養をためされたものであり、中国の優秀な人たちは、科挙に合格するためにそればかり勉強をしたために、実用的な学問があまり発展しなかったという弊害も出てきたのである。科挙試験の弊害が、中国の近代化を遅らした要因の一つになったと思われる。
a0226578_10443968.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
[PR]
2 律令政治のしくみ
1) 二官八省
a0226578_9552524.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
 律令によって政治のしくみがととのえられ、行政全般をつかさどる太政官(だいじょうかん)と、天皇の祭祀などをつかさどる神祇官(じんぎかん)との二官がもうけられた。神祇官は唐の制度にはない日本独自のもので、おそらく天皇の祖先が神のお告げをつかさどるシャーマンとしての役割をおこなっていたなごりであろう。政治のことをまつりごとと呼ばれるのは、神を祭るところからきているのであり、天皇の重要な役割であったと考えられる。太政官のもとには八省(はっしょう)がおかれ、行政や財政・軍事などの職務をそれぞれ担当した。
 実際の政治運営は、太政官に属する太政大臣・左大臣・右大臣・大納言などの公卿(くぎょう)を中心にすすめられた。決定事項は天皇の許可をもらい、天皇の命令として詔(みことのり)や勅(ちょく)という文書で出された。
a0226578_99016.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
2) 行政区画
 行政区画は、天皇と上級官人の居住する都周辺を畿内とした。畿内は、大和・山背(やましろ)(のちに山城)・摂津・河内の4か国であったが、のちに河内から和泉国が分かれて、五畿内と呼ばれるようになった。そのほかの地域は七道に分けた。全国60数か国の国々には、中央から派遣された国司(こくし)が支配をすすめ、守(かみ)・介(すけ)などの上級国司は貴族が占めた。国の下には郡(ぐん)が、郡の下には里(り)がおかれ、郡司(ぐんじ)・里長(りちょう)がそれぞれ任命された。郡司は国造(くにのみやつこ)らの地方豪族が任命され、里長は住民のなかから選ばれた。国司は6年(のち4年)任期で、おもに国内の治安維持、戸籍・計帳(けいちょう)の作成、班田収受、兵士徴発などを職務とした。郡司はその地域の昔からの地方豪族がなり、終身官で民政や裁判などを担当し、里長は税の徴収がおもな職務であった。
a0226578_9522312.jpg
(東京書籍「図説 日本史」より)
 さらに、都には左京識(さきょうしき)・右京識を、都への重要な港にあたる難波には摂津識(せっつしき)を、外交・国防の要地である西海道(さいかいどう)には「遠の朝廷(とおのみかど)」と呼ばれた太宰府(だざいふ)を設置した。国ごとに国府(こくふ)を配置し、東海・東山(とうさん)・北陸の三道(さんどう)には関所として鈴鹿(すずか)・不破(ふわ)・愛発(あらち)の三関(さんげん)をおき、上京する人々の監視や内乱へのそなえとした。また、都と太宰府とをむすぶ山陽道など、中央の命令を国司に伝えるために七道と呼ばれる幹線路を整備し、主要路には役人の往来の便宜をはかるために、約16㎞ごとに駅家(えきか)をおいて宿泊施設や馬を配置した。
 一方、八省をもうけたものの、裁判は刑部省(ぎょうぶしょう)以外でも行われるなど、混乱していた。そのため、朝廷は司法制度を整備するとともに、刑罰法として五刑(ごけい)を定め、天皇に対する謀反(むへん)など最も重い罪を八虐(はちぎゃく)とした。
a0226578_950122.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
[PR]
 第6回日本史講座は、10月11日(土)午後2時より8名の受講者が参加して行われました。
 Ⅲ 律令国家と白鳳文化
1 大宝律令の編纂
1) 持統天皇の政策
 689年、天武天皇の皇后であった持統天皇は飛鳥清御原令(あすかきよみはらりょう)を施行し、690年、庚寅年籍(こういんねんじゃく)をつくり、人々を公民として直接支配できるようにし、これ以降、6年ごとに戸籍をつくるようにした。6年ごとにつくられた理由は、班田収受が6年ごとにおこなわれたからである。そして、694年には、唐の長安にならって、はじめての本格的な条防制による都として藤原京が造営された。近年の発掘調査により、この藤原京は東西925m、南北907mの藤原宮と、東西5.3㎞、南北4.8㎞の京域からなっていたことが判明した。これは平城京や平安京をしのぐ規模である。この都は710年の平安遷都までの16年間都として置かれたが、711年に焼失し、廃墟となった。
a0226578_10461724.jpg
(東京書籍「図説日本史より)
 ところで、受講者から、「いつから女性の天皇が認められなくなったのか」という質問がだされた。女性の天皇は、推古(在位592~628年)から後桜町天皇(在位1762~1770年)まで8人10代の女性天皇が存在した。おそらく明治憲法の皇室典範によって天皇は男性に限られ、それが日本国憲法に受け継がれたものと思われる。
 持統天皇にかわって即位した文武天皇のもと、701年、刑部親王(おさかべしんのう)と藤原鎌足の子の不比等(ふひと)は大宝律令(たいほうりつりょう)を制定した。大宝律令は、唐の律令を模範にしたもので、律は刑法、令(りょう)は行政法で、とくに令が重んじられた。律と令は唐の影響を強く受けたものだったため、これを補足・変更する格(きゃく)や、実施細則として式(しき)がその後もたびたび出され、しだいに日本の社会の実情にみあったものになっていった。こうして、律令を支配の基本とする律令制度が確立し、天皇を頂点とする中央集権的な官僚制度がととのえられた。律令制度そのものは200年間存続したといわれているが、その後も日本の社会に大きな影響をあたえていった。
 世界の国々のなかで、日本のような古代の天皇制が現在も存続している国はない。なぜ古代の天皇制が現在も存続しているのか。その大きな理由は二つあると思う、その一つは日本が島国であり、ありがたいことに周りには日本列島を攻撃しようとする勢力が存在しなかったことがあげられる。唯一モンゴルの襲来(元寇)があったが、彼らは遊牧民族であり、海戦は不得手であったことなどにより失敗した。(詳しくは後の機会に話します。)二つ目は、律令制度にみられるようなすぐれた政治制度や高い文化を日本の支配者が利用することができたからである。

 
[PR]
3 壬申の乱
1) 壬申の乱
 大化の改新後、都を飛鳥から近江に遷都するなど大王に権力を集中させると、中央や地方の豪族のなかに朝廷に不満を持つ者があらわれた。671年に近江で天智大王が47歳で病死すると、天智大王の子大友皇子(おおとものみこ)と大王の弟大海人皇子(おおあまのみこ)との対立は豪族を巻き込み、671年、内乱へと発展した。大海人皇子は、天智大王の政策に不満をもっていた地方豪族の支持をえて勝利した。この内乱は壬申の乱と呼ばれ、古代史最大の戦争であるといわれている。
 ところで、なぜこの内乱を壬申の乱とよぶのかというと、その由来はその年の干支(えと)からきている。干支については、このブログの「歴史のとびら」というジャンルの「干支のはなし」に書いていますので、ぜひ読んでください。
a0226578_1011032.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
2) 天武天皇の政策
 翌673年2月、大海人皇子は飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)で天武(てんむ)天皇となり、大臣をひとりもおかず、天皇一族である皇親(こうしん)を中心にした政治改革に乗り出した。まず、豪族らが所有していた私有民である部曲(かきべ)を廃止し、豪族や寺院・神社の山林や原野を朝廷のものにしたうえで、豪族や寺院・神社などに封戸(ほうこ)と呼ばれる一定数の戸からの税収をあたえるようにした。豪族らの経済基盤を奪った天皇は、みずからの権威を高めながら、専制的な中央集権体制の実現をめざした。
 そして天武天皇は、唐の律令制度にならって、それを日本社会に適応した律令の制定作業を開始した。また、天皇家の歴史を中心とした国史の編纂や新都の造営に着手した。684年にはこれまでの姓(かばね)をあらため、八色の姓(やくさのかばね)をさだめて、皇親出身者を最上位の真人(まひと)とし、豪族らを朝臣(あそん)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)に分けた。翌685年、天皇は新しい官位制度をもうけて、皇親と豪族とを区別し、豪族を天皇をささえる官僚として位置づけた。こうして、天武天皇のころ、天皇の権力が強化されてくると、大王にかわって天皇の称号がつかわれはじめた。また7世紀後半には、倭にかわって日本の称号も用いられるようになった。
a0226578_10121034.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_10113937.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 次回の第6回日本史講座は、10月11日(土)午後2時より行います。
[PR]