<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3) 島原の乱(島原・天草一揆)
 幕府が鎖国政策をさらに強化した背景には、島原の乱が起こったことにある。ウィキペデアによると、この乱は江戸時代初期に起こった日本の歴史上最大規模の一揆であり、幕末以前では最後の本格的な内戦であると指摘する。
 島原の乱はキリシタンが起こした宗教戦争的な側面と圧制に対する百姓一揆という二面性を持っている。なぜこの地方にキリシタンシンが多かったというと、この地方はキリシタン大名の領地であったことに由来する。島原はキリシタン大名の有馬晴信の所領で、キリスト教信仰が盛んであったが、転封で大和五条から松倉重政が入封した。また、天草はキリシタン大名の小西行長の所領で関ヶ原の戦い以後、寺沢広高が入封し、両藩とも圧制とキリシタン弾圧をおこなった。
 ① 松倉氏の圧政
 松倉重政が島原に入封した時には、キリシタンに対して寛大であった。これに対し徳川家光はみずから参勤した重政に叱責を加えたと伝えている。1627年から1631年にかけて、松倉氏の残忍きわまりないキリシタン弾圧が行われたのはそのためであるといわれている。朝尾直弘氏によれば、水責め・あびり籠め・烙印・指づめ・穴つるし・針さし責め・竹鋸引き・木馬責め、それに雲仙岳の煮えたぎる硫黄の熱湯をかけるなど、手段の限りのテロと拷問、刑罰をつくし、さらに陵辱を加えたと述べている。(小学館『日本の歴史17』参照)
 ② 乱の契機
 島原・天草地方は1634年以来凶作にみまわれていた。松倉氏はきびしい取り立てを続けるだけで対策をもたなかった。口ノ津村の大百姓与三右衛門(よそえもん)は、未納の年貢米30俵の猶予を願ったが認められず、嫁を捕らえて水牢に入れ、上納するまで出さぬと攻めた。嫁は妊娠中で産み月にあたっており、昼夜6日間水につけられたあげく、10月にはいって水中で出産し息絶えた。与三右衛門はこの非道に怒り、近隣や親類縁者をふくめ7,8百名の百姓が役人の家を焼き払ったのきっかけに、島原の乱へと広がっていった。(前掲書参照)
 ③ 天草四郎
 上の様な事実から、島原の乱は明らかに百姓一揆として起きたように見える。しかし、この乱が3万8000人もの多くの人々を結集させた背景にはキリシタンという宗教戦争的な性格を持っていたことは間違いないであろう。そのカリスマ的な役割を果たしたのが天草四郎時貞である。彼は小西行長の遺臣益田好次(よしつぐ)の子でまだ16歳の少年であった。
a0226578_1156817.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 ④ 乱の敗北
 反乱群は島原城を攻めたが、これを落とすことができず、一国一城令で廃墟となっていた原城址に立てこもることとなった。幕府は板倉重昌(しげまさ)を派遣して鎮圧させようとしたが、反乱軍のきびしい抵抗にあってなかなか陥落しなかった。そこで老中松平信綱がついで派遣され、12万の兵を持って原城を囲んで兵糧攻めをしたり、オランダ船に援護射撃を求めたりした結果、やっとの事で1638年2月に城を陥れることができた。
 島原の乱を扱った小説に堀田善衛『海鳴りの底から』がある。この本を若い頃読んで感動したのを覚えているが、ぜひ皆さんにも読んでいただきたい。
a0226578_11565840.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)

4) 鎖国下の管理体制
a0226578_11582897.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 この乱に驚いた幕府は、1639年にポルトガル船の来航を禁止し、1641年には宗教活動を行わないオランダ人を平戸から長崎の出島に移し、日本人との自由な往来を禁止した。
 幕府は、長崎奉行にオランダ人の動向を監視させながら、オランダ商館長に海外情報を記した和蘭風説所(おらんだふうせつがき)を老中へ提出させるようにした。
 さらに幕府はキリスト教の取り締まりを一層強め、キリシタンでないことを確かめるためにキリストの絵などを踏ませる絵踏(えふみ)の実施と、すべての人々をいずれかの寺院の檀徒として所属させ、宗門改帳に登録させる寺請制度を行った。寺請制度はお寺が幕藩体制という国家権力に結びつくこととなったことにより、寺院の数は飛躍的に伸びていった。現在もお寺の数はコンビニの数よりも遙かに多い。しかし、お寺がこのような国家権力の手先となったことにより、仏教は魂の救済という宗教的な側面を失い、葬式仏教と呼ばれるように堕落していったのではないかと私は思う。
a0226578_1158523.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
[PR]
 第35回日本史講座は2月27日(土)午後2時より、受講者11名で行われました。
 Ⅲ 鎖国の成立
1 鎖国の成立
1) 鎖国論
 鎖国という言葉は、1690~92年に長崎の出島のオランダ商館に勤務したドイツ人医師ケンペルの『日本誌』を、1801年に志筑忠雄(しづきただお)が『鎖国論』と訳したことから生まれた用語である。鎖国という用語が広く使われるようになったのは明治以降のことである。外圧の高まりとともに、江戸時代を外国から閉鎖した社会とみる考え方を定着させていった。しかし、実際には朝鮮王朝や琉球王国との外交は結ばれており、私的なものではあったが、中国やオランダとの通商関係は維持されていた。このような事実を踏まえて、鎖国はなかったという見解も多く出ている。
a0226578_10154950.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
2) 鎖国の目的
 史料によると、1604年から日本船の海外渡航を全面的に禁止する禁令が出された1635年までの30年間に、御朱印船または外国船に便乗して海外に渡航した日本人の数は数10万人にのぼったと推定され、外国人とまじって南方の各地に住みついた日本人もかなりの数にのぼり、その総数は約1万人ぐらいだと考えられている。その居住地は日本町と呼ばれ、南方各地約20か所に及んでおり、そこには数百から数千人の日本人が住み、自治制ををしき、有力者が選ばれて町政を運営した。アユタヤの山田長政などはその代表的人物である。しかし、町の人々の大半は商人で、日本と外国の産物の取り引きに従事しており、幕府の鎖国政策がすすめられてゆくと、日本町は急速に消滅せざるを得なかった。
a0226578_10254374.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 それでは鎖国の原因の第一は何か、キリスト教の禁制である。神の教えを絶対とし、その掟には支配者の命令であっても従わないというキリシタンの強い信仰と団結とは、封建支配者にとって重大な脅威であった。1612年に家康の側近で、多数の信者が摘発されたことをきっかけに、天領に対する禁教令を発し、その翌年には禁令を全国に及ぼし、教会の破壊・信者の改宗を強行した。2代秀忠もこの方針を受けつぎ、1622年には55人の宣教師・信者を長崎で処刑したが、これを元和の大殉教と呼ぶ。3代家光は、踏絵の制、禁書令というような禁教政策を強めていった。
a0226578_10163034.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 鎖国の第二の原因は何か、それは幕府の貿易統制である。幕府は、貿易が盛んになると商工業が発達して、封建社会の基礎がゆらぐことや、貿易に関係する西南諸大名や有力商人が富強になることを恐れ、貿易を幕府の統制下に置こうと企てた。これによって幕府は独占的な利潤を得たが、1616年にはヨーロッパ船の寄港地を平戸と長崎に制限し、1624年には、スペイン船の来航を禁じた。1631年には奉書船の制度をはじめて、幕府と結びつきの強い特権的商人以外の貿易を制限している。
 要するに鎖国政策は、幕府の禁教の徹底と外交・貿易の管理強化という二つのねらいを中心として、幕府権力の確立・強化を策したものである。(笠原一男著 「詳説 日本史研究」山川出版参照)
 以上が鎖国の目的であるが、ウィキペデアによると、鎖国には天然痘やアヘンなどの麻薬の流入を防ぐという目的があったと指摘している。
a0226578_1014438.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
[PR]
5 農民支配の変化
1) 農民の負担
 家康は「鄕村の百姓共は死なぬ様に、生きぬ様にと合点致し、収納申しつくる様に」(『昇平夜話』)といったと伝えられているが、幕藩体制を支えるものは、租税負担の義務をもつ本百姓であった。「農は国の本なり」といわれたように、農業は当時最も重要な産業であり、幕府も諸藩も、農村を維持し農民を完全に掌握するために大いに配慮をはらっていたのである。
 租税の中心は、本田畑と屋敷にかけられる本年貢(本途物成)が中心で米で納めるのが原則だった。年貢率は役人が秋に収穫を調査して決める検見取法(けみどりほう)がとられた。年貢は4公6民から5公5民、つまり収穫高の40~50%が普通であるが、本百姓ごとではなく、村全体に対してかけられ、村役人に徴税させて完納させる村請制がとられた。
 田畑以外の山野・河海からの収益や農民の副業に対してかけられる雑税は小物成といい、現物か銭で納めた。また、高掛物(たかがかりもの)といって、田畑の石高に応じて宿駅の交通設備や幕府の倉庫・人足の費用にあてる雑税があり、これも米納からしだいに金納にかわっていった。
 さらに国役(くにやく)といって、幕府が諸国の河川の土木工事・日光の法会(ほうえ)・朝鮮通信使の接待費などを臨時に賦課するものもあり、これも銭納であった。さらに助郷役といって、街道沿いの村々から宿駅に応援の人馬を出すものがあった。はじめは街道周辺の村だけであったが、交通量の増大にともなって、遠隔の村にも課されることになったので、この負担も農民にとってかなり大きなものであった。
a0226578_1081915.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
2) 支配の変化
 幕府や藩が財政基盤の充実を急ぐあまり、年貢や夫役をきびしく課したので農民の生活は苦しく、困窮して村を逃れる者も多かった。そのうえ、1630年代半ばから西国を中心に凶作が続き、1641年には寛永の飢饉と呼ばれるように、多数の餓死者がでるほどで、年貢の収納すら困難になる村も生まれた。そこで幕府は、農民対策を本格化させ、年貢米の確保につとめた。1643年、田畑永代売買禁止令(でんばたえいたいばいばいきんしれい)など一連の対策令を出し、田畑の売買を禁止し、生活や生産にいたるまで細かく指示して、農村の立て直しはかった。その後、1673年に分地制限令を出して、名主は20石、一般百姓は10石以上の田畑をもたないと分地できないと定めたが、当時の書物にも、「世にあほうものを田分(たわけ)といふは、かの田地分より来る詞(ことば)なり」(「農家貫行」)と書かれている。最近の研究では「田分け者」は戯(たわけ)者つまりふざけ者から来た詞だと解釈されているが、当時の書物の中にも田地を分割することがいかに愚かなことであったかがうかがわれる。この法令は、経営規模が縮小して農民が没落するのを防ぐために出されたものである。
a0226578_108451.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 また幕府は、検地帳に記載されている本田での稲以外の栽培を禁止して年貢米の確保につとめ、田畑勝手作りの禁(でんばたかってづくりのきん)を出した。しかしその後、農民が木綿や菜種などの換金目的の商品作物の栽培をのぞむようになると、この禁止令はしだいに行われなくなった。

 次回の第35回日本史講座は、2月27日(土)午後2時より行う予定です。
[PR]
4 封建的秩序の確立
1)身分制度
 江戸幕府は1603年から1868年までの265年間も存続したが、幕藩体制を維持し、強固にするために幕府や諸藩はきびしい封建的な社会秩序をきずきあげていった。士農工商という身分制度と家父長的な家族制度とがその中心となった。このような封建的な社会秩序を維持するための思想として取り入れられたのが朱子学である。朱子学は中国の南宋の朱熹によって確立された儒学の学派である。その特色は大義名分を重視し、支配者の論理として都合がよく、江戸時代には官学とされた。本来儒学は子が父を敬うことを最も重要なことと考え、父子の関係を君臣関係に当てはめて家臣は君主に忠誠をつくすことを説いたのである。しかし、日本の儒学は君主に対する忠義を第一に考えるようになった。江戸時代には君主が亡くなると、家臣は殉死するということが流行ったのである。
 このような封建的な身分秩序のもとでは個人の尊厳はなく、武士だけでなく庶民にいたるまで滅私奉公が重視された。このような時代が永く続いたために私たちの意識の中には未だに個人を尊重するという考えが乏しいように私には思われる。明治維新によって幕藩体制は倒れたが、幕府を倒すために利用された天皇制が幕府と入れ替わっただけで、天皇政府に対する滅私奉公という意識は続き、その延長のなかで太平洋戦争へと突き進んでしまった。戦後、アメリカによって民主主義的な制度は導入されたが、まだまだ私たち日本人には滅私奉公という意識は残っているように思われる。以前、ポルトガルに旅行したときに、現地ガイドをしてくれた日本人男性に質問したことがある。「日本語の中にはたくさんのポルトガル語が残されて今も使われているが、ポルトガル人が知っている日本語はないか」と。彼はしばらく考えていたが、やがて、「過労死という日本語を知っている」と答えた。人間は楽しむために生きていると考えているような欧米人にとって、会社のために死ぬまで残業するようなことは考えられないのである。このような「過労死」は、明らかに滅私奉公の意識からきているように私には思われる。

2) 士農工商
a0226578_1126244.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 兵農の分離・商農の分離・武士階級の絶対的優位など、社会組織の発達にしたがって、士農工商の身分制度が確立していった。この四つの身分を四民というが、その順序は儒教的理念からみた社会への貢献の順位である。したがって、工・商、つまり職人・商人は、実際には農民より社会的地位が高かったとみられるのであるが、理念的には武士・農民に寄生する存在であるため、下位に置かれたのである。
3) 武士
a0226578_11273945.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 武士は社会の支配者であった。したがって、苗字・帯刀などの特権が与えられ、その権威を傷つけられれば、切捨御免を行使することも許された。武士は全人口の6~10%ぐらいと推定されるが、武士階級内部における階層的身分差は最もきびしくたてられていた。将軍を頂点に、その家臣たる大名・旗本・御家人と、彼らの家臣、これらの武士の従僕である中間(ちゅうげん)・足軽・小者(こもの)などの武家奉公人などがある。
4) 農民
a0226578_11285061.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
 農民は年貢の担当者として重視された。しかし、そのことのために領主はきびしい統制を加えたので、実際の生活は四民のうちで最もみじめであった。農民意外に、林業や漁業にたずさわるものも含まれ、人口の約80%前後を占めた。農村には、田畑や屋敷をもち検地帳に登録されて年貢を負担する本百姓と、本百姓の田畑を小作する水呑百姓や、名子・被官・家抱(かほう)と呼ばれる本百姓に従属する農民らがいた。本百姓のなかから名主(西日本では庄屋、東北では肝煎と呼ばれた)・組頭などの村役人を任命して村政を行わせた。その後、中下層の村民を代表する立場の百姓代がもうけられると、名主・組頭とあわせて村方三役と呼ばれた。また、村民を数戸ずつ編成して五人組をつくらせ、相互に監視させて、年貢の未納や一揆を未然に防ぐようにした。
5) 工商
a0226578_1129284.jpg
(東京書籍「図説日本史」より) 
 工商は、城下町に住む職人や商人らをさした。町は、町人の代表である町年寄・町名主・月行事と呼ばれる町役人を中心に掟にもとづいて運営された。町は村と似た生活共同体で、土地や屋敷をもつ町人(地主・家主)と、屋敷地だけを借りている地借(じがり)、借家住まいの店借(たながり)、住み込みの奉公人らがいた。村の本百姓にあたる町人は、屋敷の間口に応じた地子(じし)=税を納め、町運営に参加できた。地子は都市の繁栄をはかるために免除されることが多く、負担額もわずかだった。
a0226578_1138277.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
5) 賎民
 幕府や諸藩は、民衆の不満をそらすため、えた・非人などの賎民身分を、牛馬の死体処理や皮革細工、零細な農業、遊芸、処刑などに従事させ居住地を劣悪な場所に限定するなどの差別を加えた。
 
[PR]
 第34回日本史講座は2月13日(土)午後2時より、受講者10名で行われました。
3 藩の政治のしくみ
a0226578_10314765.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
1) 藩
 大名の領地・領民・統治組織を総称して藩と呼んでいる。当時、藩という呼称はなく、国や城下町の名、藩主の姓などで呼んでいた。藩という名称は、中国の周代の諸侯がみずからの領土を藩塀(はんぺい)と呼んだのになぞらえて、江戸時代中期頃から儒学者を中心に使われたものである。公称されたのは、1868年(明治元年)に、新政府直轄領となった府・県と区別するために、旧大名領を藩と呼んだのが最初である。
2) 藩の運営
 藩の政治は、藩主が参勤交代で1年おきにしか国元にいなかったこともあって、国家老が重要政務を行い、奉行が職務を分担して運営するのが一般的だった。また江戸には、藩主の住まいや幕府との折衝、江戸城の警護などにあたる藩士が事務をとるための藩邸(大名屋敷)がおかれていた。
3) 大名の負担
 大名は、将軍から領地を認めてもらう代わりに、軍役として、知行高に応じた数の軍馬・兵器・人夫をそなえ、江戸城修理などの手伝い普請などの臨時の課役を負担させられた。さらに、参勤交代や江戸滞在中の費用なども加わり、藩の財政は苦しかった。
a0226578_1033223.jpg
(東京書籍「図説日本史」より)
4) 大名の家臣
 家臣には、知行高に応じて給与として俸禄(蔵米)を支給される蔵米取(くらまいとり)と、知行地を与えられた知行取(ちぎょうとり)がいた。後者はみずから農民を支配して年貢を徴収したが、これを地方知行制(じかたちぎょうせい)という。しかし多くの大名は、領民を確実に支配するために地方知行制を廃止し、俸禄制に切りかえていき、家臣団を領主の城下に集住することによって権力の集中を進めた。1690(元禄3)年には、243藩中、知行制を残すのは39藩に過ぎなくなり(全体の約17%)、家臣団は土地から切り離されてしまった。
5) お家騒動
 戦乱のなくなったこの時代に、藩が悩んだのは大名の家督争いや権力闘争によって藩内が動揺したことである。1660年から71年まで続いた伊達騒動(だてそうどう)は、幼藩主綱村の後見役伊達兵部・原田甲斐(かい)と反対派の伊達安芸(あき)とが対立したもので、幕府の介入によって落着した。山本周五郎の小説『樅ノ木は残った』は、従来悪者として扱われていた原田甲斐を主人公にし、幕府から仙台藩を守るためにみずから犠牲となった人物であったと解釈している。
[PR]