2018年10月12日、私たちは同じメンバーで第2回目の京都トレイルにチャレンジした。
自宅を5時50分に出発し、光明池から天下茶屋で地下鉄に、北浜で京阪電車で三条へ、さらに京都市営地下鉄東西線に乗り換えて、集合場所の蹴上マンボに到着したのは8時30分であった。長谷君はすでに待ってくれていてすぐに私たちは大文字山へと向かった。
a0226578_10392126.jpg
(出発地点の蹴上マンボ)
 出発してほぼ2時間で大文字山に到着した。
a0226578_10422812.jpg
(大文字山の頂上)
a0226578_10434456.jpg
(標識)
a0226578_10451061.jpg
(大文字山の三角点)
 私たちは大文字焼きの場所へと降りていったが、そこから京都の町がきれいに見えた。
a0226578_10490598.jpg
(大文字山から見た京都の町)
a0226578_10514148.jpg
(大文字焼きの文字の一部)
 蹴上から大文字山へと昇っているときには、ほとんど登山者に会わなかったが、ここには大勢の人がおり、幼稚園の園児たちの遠足の場所にもなっていた。 大文字焼きの場所から40分ほど下って銀閣寺に到着した。
a0226578_11013405.jpg
(銀閣寺)
 銀閣寺の近くの道を歩いていると、家の間から大文字山が見えた。
a0226578_11034025.jpg
(家の間からみえる大文字山)
 銀閣寺の周辺には相変わらず観光客が大勢いたが、その中には中学生や高校生も多かった。修学旅行なのかと中学生に聞いてみると、伊丹から遠足で来たと答えてくれた。その中学は長谷君の自宅の近くの中学校とのことであった。 私たちは銀閣寺の近くの疎水の周りのベンチで昼食をとり、その後、12時15分に北白川から比叡山に向けて出発した。 
 大文字山を登っているときも、台風で倒れた木を沢山見たが、比叡山にはさらに多くの木が倒れていた。
a0226578_11191375.jpg
(比叡山では多くの木が倒れている)
a0226578_11282759.jpg
(比叡山では多くの木が倒れている)
 山道には大木が倒れて道を塞いでいた。私たちは倒れた木の下をくぐり抜けたり、木を跨いだりし、アスレチックを体験しながら登山を続けた。 比叡山から山科の町が見えた。
a0226578_11254286.jpg
(比叡山から見える山科の町)
 私たちは倒木を避けながら歩いていると、突然、終着点であるケーブルカー乗り場に到着した。到着時刻は15時50分だったので、銀閣寺を出発して3時間35分かかったことになる。
a0226578_11360577.jpg
(比叡山のケーブルカー)
 ケーブルカーで比叡山を下り、その後、叡山電鉄の八瀬比叡山口まで歩き、そこから出町柳まで叡山電鉄に乗った。叡山電鉄は昨年鞍馬に行ったときに乗車したが、今回の電車は新型の豪華な電車だったのでびっくりした。
a0226578_11450494.jpg
(叡山鉄道のきれいな電車)
a0226578_11481757.jpg
(電車の内部)
  私たちは16時30分発の出町柳行きに乗り、そこから京阪に乗り換えて、行きと同じコースを通って帰宅したが、自宅に帰り着いたのは18時30分頃であった。
   
[PR]