第10回世界史講座のまとめ(前漢末から魏晋南北朝時代)

 第10回世界史講座は11月26日(土)午後2時より、「前漢のおとろえから魏晋南北朝時代」をテーマにしておこなわれました。受講者は6名でした。
 前回欠席した人がいましたので、中国史の最初からおさらいをしました。漢の時代には貧富が拡大し、豪族が出現してきたこと。そして、皇帝権力の拡大のなかで宦官が現れたが、宦官は中国史のなかで重要な役割を果たした。「史記」を書いた司馬遷や製紙法を発明したといわれている蔡倫、また、明の時代に南海遠征の隊長となった鄭和なども宦官にさせられた人たちであった。宦官は「琉球王国」にもいたことが、「テンペスト」というテレビドラマにも出ていたと指摘された。宦官というものが世界の各地域で存在したにもかかわらず、沖縄を除く日本にはなぜ現れなかったのか、という疑問があるが、私は、日本には牛や馬などの家畜を去勢するという風習がなく、それが人間を去勢するという風習を持たなかったことにつながっているのではないかと指摘した。
 また、後漢末期に起こった「黄巾の乱」という農民反乱について、なぜ黄色なのかという説明をおこなった。それは、五行思想からきており、漢は火徳の時代であり、次は土徳の時代になる。中国で土と言えば黄色であり、だから次の時代を表す黄色の幟などをかげたのである。五行思想については、このブログの「干支のはなし」を読んでください。
 三国時代については、明の羅漢中が書いた「三国志演義」で有名であるが、この話は蜀の劉備などが主人公となっており、史実とはかけ離れていると思われる。また、関羽については、このブログの「三国志の関羽が神となった」を読んでください。
 三国時代の主役は華北を支配した魏であり、邪馬台国の卑弥呼も朝貢してきて魏の王から「親魏倭王」の称号を得ている。魏は蜀を滅ぼしたが、魏の将軍司馬炎が魏に代わって晋を建国し、晋は呉を倒して中国は晋によって統一されるが、この頃華北一帯に異民族が侵入し、五胡十六国時代となる。これに対し江南では、晋の一族が南の健康(現南京)を都とする東晋を建国した。そして、華北は鮮卑が建てた北魏によって統一され、南北朝時代に入り、この時代を一般に「魏晋南北朝時代」と呼ばれている。
 この時代に南朝では「六朝文化」と呼ばれる貴族文化が花開き、詩・絵画・書道などの文化が生まれた。また、中国社会に大きな影響を与えた仏教が発展するとともに道教もこの頃確立した。
 朝鮮半島では、前1000年頃に農耕が成立し、前1世紀には高句麗が成立し、南部では、4世紀はじめには百済・新羅が成立し、高句麗をあわせて朝鮮三国時代とよばれる。
 日本列島でも前1世紀には小国が成立し、漢の支配した楽浪郡に朝貢しており、1世紀には倭の那国が後漢光武帝に朝貢して、「金印」を与えられている。3世紀には邪馬台国の卑弥呼が魏に朝貢しており、4世紀には大和政権が成立しており、5世紀にも南朝の宋に五人の王が朝貢していたという資料が「宋書倭国伝」に残されているが、これが「倭の五王」である。
 以上がまとめですが、参加者からすばらしい質問が出ました。それは、「中国の王朝は交替するが、そこには血のつながりはないのですか。」という疑問です。日本の歴史では、天皇は交替しても血のつながりはあると言われている。もちろん中国では、血のつながりは全くない。中国の歴史では、堯・舜・禹という伝説があり、血のつながりよりも、優れた人物が出てくればその人に王の位を禅譲するというのが理想とされている。中国の歴史をみると、血のつながりどころか、漢民族ではない、異民族の支配者が皇帝を名乗った時代がある。元王朝はモンゴル民族、清朝は女真族(満州族)である。ではなぜ日本の歴史では、「万世一系」(実際はそうではない)といわれるような天皇制が古代から続いていったのか。その答えは難しい。先ず第一に、日本が島国であり、異民族の侵入というものが、元寇以外にはほとんどなかったということが挙げられる。次に、日本よりも高い文化を持った国が近くにあり、支配者は堪えず中国などから高い文化を取り入れることによって支配を続けることが可能であったということ。第三に、実権を握った武士政権も古代の権威を借りることによって自己の権力を正当化しようと考え、古代の天皇制を利用したこと。また、日本の天皇は古代の権力者であったとともに、宗教的な権威を持つものであったことが現代まで天皇制が続いている理由ではないかと私は考えている。
 次回の第11回世界史講座は12月3日(土)午後2時からです。テーマは「隋唐帝国と東アジア諸民族の活動」です。多数のご参加をお待ちしています。
 

 
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2011-11-27 15:04 | 世界史講座 | Comments(2)
Commented by NOBU-F at 2011-11-27 16:09 x
世界史講座も10回目となり漢書など歴史書に我が日本とのかかわりも現れ講座に興味が倍加し楽しい時間を過ごす事ができて有難いことです。
Commented by YAMATAKE1949 at 2011-11-28 10:50
やっと第10回世界史講座のまとめを書きましたので読んでください。また、ご意見があればブログに書いてください、お願いします。