第16回世界史講座のまとめ①(十字軍)

 第16回世界史講座は4月14日(土)午後2時より「ヨーロッパ世界の変動」をテーマにおこなわれました。受講者は3名でした。
1 十字軍
 十字軍がおこなわれた背景には、11~13世紀に西ヨーロッパで農業生産力が飛躍的に発展したことが挙げられます。気候の温暖化、農業技術の革新、三圃制農法の普及などにより人口が増大し、商工業が発展したこと。このような中でアルプス高地の開墾・オランダの干拓・ドイツ騎士団による東方植民やイベリア半島の国土回復運動(レコンキスタ)などが行われたが、十字軍もこのような動きの中で行われた。
 十字軍遠征のきっかけとなったのは、セルジューク朝がアナトリアに進出し、ビザンツ皇帝がローマ教皇に救援を求めたことにある。教皇権の拡大をねらっていた教皇ウルバヌス2世は、クレルモンで公会議を開き、聖地イェルサレムへの十字軍の派遣を宣言した。このとき諸侯や騎士たちは、略奪の許可を求めたといわれる。第一回十字軍は聖地を占領し、イェルサレム王国を建てた。イェルサレムは7世紀以来イスラーム教徒が住んでいた地域であり、彼らにとって11世紀末に突然やってきた十字軍は侵略者であった。しかも戦闘員でなかった者や女性・子どもまで虐殺し、イェルサレムの町は血の海となったといわれている。その後、イスラーム勢力がイェルサレムを奪還したときには、戦闘員以外の生命は保護されたのである。キリスト教徒は人道的でイスラーム教徒は野蛮であるという見方は正しくないであろう。十字軍の遠征は13世紀まで7回行われたが、イスラーム諸王朝の反撃で失敗し、教皇の権威も衰えた。一方、十字軍の輸送を担当した北イタリアの諸都市の商人は、東方貿易で大きな富を得た。
a0226578_9352879.jpg
(「東京書籍 新選世界史B」より)
2 商業と都市の発達
 農業生産力の発展は商工業を盛んにし都市の発達を促した。この頃西ヨーロッパでは遠隔地貿易が盛んに行われた。東方貿易では、北イタリアのジェノヴァ・ピサ・ヴェネティアなどの海港都市を中心に、絹織物や胡椒などアジアから輸入した。北海貿易ではハンブルグ・ブレーメン・リューベックなどの都市は木材や毛皮、海産物などの取り引きで栄えた。西ヨーロッパから輸出されたものは、ワインや毛織物であった。
 都市の人々は職業ごとにギルド(同業組合)を組織し、さらにギルドの代表者が集まって自治を行った。イタリアの諸都市のなかには都市共和国として自立するものがあった。バルト海から北海にかけて発展した諸都市はハンザ同盟を結成して近隣の領主たちに対抗した。またアウグスブルグのフッガー家やフイレンツェのメディツィ家のような豪商は国際政治を左右した。
 私は中世都市の歴史を理解させるために、いつも授業で使っているのが、阿部謹也著『ハーメルンの笛吹き男 伝説とその世界』という本である。この話については、私のブログの「ドイツ旅行記④」に詳しく書いていますのでぜひ読んでください。
3 農村の変化
 西ヨーロッパにおける経済活動の進展は、荘園制のあり方を変えていった。封建領主は農奴に対して、周3日領主直営地で耕作させたがこれを賦役(労働地代)と呼ぶ。やがて領主は農奴に直営地を貸し与えて生産物地代として収穫の半分を獲得した。しかし、貨幣経済が浸透してくると生産物地代から、固定した貨幣地代を徴収するようになった。農奴のなかにはしだいに豊かなものがあらわれ、領主は解放金を得るために農奴身分を解放するようになった。さらに、14世紀には、ペスト(黒死病)が流行し、ヨーロッパ人口の三分の一が減少した。そのため農村の人手不足は深刻となり、地代を下げたり、農民の待遇は改善された。領主の力が衰えるなかで、地位の向上した農民は百年戦争などで戦費の負担を強要されたので、フランスではジャックリーの乱、イギリスではワット・タイラーの乱などの農民一揆が起きた。
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2012-04-15 10:36 | 世界史講座 | Comments(2)
Commented by f-nobu at 2012-05-12 11:33 x
ドイツ旅行記を読み返すと、よく分かります
Commented by YAMATAKE1949 at 2012-05-14 09:31
藤井さん、コメントありがとう。世界史講座ではみなさん真剣に聞いてくれますので、こちらもやりがいがあります。私は、近現代史が好きで早く近代に入りたいですね。