生活文化の世界史(茶の世界史③)

a0226578_8424068.jpg
(帝国書院「エスカリエ」より)
4) 茶とアヘン
19世紀前半、インドの茶の栽培が成功する以前に、イギリスが茶を輸入していたのは、中国の清朝であった。18世紀末における茶貿易の増大はイギリス政府にとって銀の流出という重大な問題を提起した。銀の流出というのは、イギリスが中国から購入する茶に対して、見返り品として適当なものがなく、全体にかなりの片貿易となっていて、その決済手段として銀を持ち出さねばならなかったことである。茶の輸入増加とともに大量の銀が流出し、銀不足がひどくなってきた。といって、茶の輸入をいまさら抑えるわけにいかず、これ以上の銀の流出もまたイギリスにとって困るという状況にあった。だから銀の流出を避け、銀に代わるものを何に見出すかが緊急の課題となった。そこで採用された政策が、インド植民地を媒介にして、アヘンを中国に輸出して銀を獲得するという方法である。アヘンは芥子の実からつくる麻薬である。これを常飲すれば、中毒症状によって精神も肉体もともに蝕まれ、廃人状態になってしまう。アヘンをジュースにして飲む方法は古くから中国で行われ、痛みをとる薬用に使われていたが、タバコのようにアヘンを吸飲する風習は、17世紀中頃、オランダ支配下の台湾から伝わった。しかし、その量はまだ極めて少なく、中国社会の大きな問題にはならなかった。ところが、イギリスが18世紀末からインドで大量にアヘンを生産し、これを中国に輸出するようになって、今まで華南に限られていたアヘンの流行は、たちまち華中から華北にまで拡大した。
a0226578_8485053.jpg
(帝国書院「タペストリー」より)
 アヘンの輸入の増加とともに、銀の流れが大きく変化した。中国への銀の流入は減少し、逆に1820年代中頃以降、中国から銀が大量に流出し始めたのである。清朝は当然アヘン貿易に反対した。1837年、政府はアヘン取締りの強権を発動して多くの中国人を逮捕する一方、アヘンを没収することによって一応の成果をあげた。しかしこれに対するイギリスの報復によってアヘン戦争が引き起こされ、イギリスの近代的兵器・艦隊の攻撃の前に屈した清朝は、屈辱的な南京条約を押し付けられた。その結果、香港をイギリスに割譲し、軍費、アヘン賠償金など2100万ドルの支払い、広東のほか、五港の開港、そこにおけるイギリス商人の居住と商業の自由を認めることになった。
                      参考文献 (角山栄著「茶の世界史」中公新書)
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2013-08-31 08:48 | 授業実践 | Comments(0)