第45 回世界史講座のまとめ④(東南アジアの独立運動)

10 東南アジアの独立運動
a0226578_10162843.jpg
(浜島書店「アカデミア世界史」より)
1) フイリピン
アメリカ統治下のフイリピンでは、1935年に独立準備政府が成立した。しかし、太平洋戦争がはじまると全土が日本軍の占領下におかれ、独立の達成には戦争の終結をまたなければならなかった。
a0226578_1022663.jpg
(第一学習社「最新世界史図表」より)
2) フランス領インドシナ(現在のヴェトナムなど)
フランス領インドシナでは、中国国民党をモデルに結成されたヴェトナム国民党や、ホー=チ=ミンの組織したインドシナ共産党がつくられ、武装闘争を通じてフランスに対する独立運動がつづけられた。
a0226578_10304084.jpg
(東京法令「世界史のミュージアム」より)
3) インドネシア
 オランダの植民地インドネシアでは、1920年にインドネシア共産党がつくられ、一時は武装蜂起を行なったが弾圧された。その後、スカルノらは知識人や学生を中心に、民族政党としてインドネシア国民党を結成し、完全独立をめざす運動を展開した。
4) ミャンマー(ビルマ)
 ミャンマーでは、アウンサンらがタキン党を結成し民族主義運動をすすめた。1937年にイギリス領インド帝国から分離され、限られた自治権が与えられたが、その後も反英運動がつづいた。
a0226578_10361782.jpg
(第一学習社「最新世界史図表」より)
 次回の第4土曜は都合により休講です。12月1日(日)は、「大阪とコリア」というテーマでフィールドワークを行います。集合場所は泉北高速光明池駅改札口前です。集合時間は12時です。ふるってご参加ください。
 今年最後の世界史講座は12月14日(土)午後2時より行います。
 
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2013-11-13 10:45 | 世界史講座 | Comments(1)
Commented by f-nobu at 2013-11-16 09:27 x
まとめ、ありがとう、16日と12/01よろしくお願いします。