第7回日本史講座のまとめ③(律令支配のしくみ)

3 律令支配のしくみ
1) 人民
 この時代の人々は、姓(かばね)をもつ良民(りょうみん)と姓をもたない賤民(せんみん)とに大きく分けられ、良民はさらに、位階(いかい)をもつ官人と、各種の税や労役などを負担する公民、瓦づくりや織物などの技術をもって朝廷に仕える品部(しなべ)・雑戸(ざっこ)にわけられた。
 賤民は人口の数%で、官有の陵戸(りょうこ)・官戸(かんこ)・公奴卑(くぬひ)と、貴族や大寺院などが所有する家人(けにん)・私奴婢(しぬひ)がいた。これを五色の賤(ごしきのせん)と呼ぶが、家人や奴卑は一目でわかるように衣服の色が黒色と決められていた。奴は男性・婢は女性の賤民を指している。しかし、賤民が戸籍のまちがいを訴えて良民への変更が許されるなど、良民と賤民との間ははっきりしていなかった。
2) 人民支配
 人々は、本籍地で戸(郷戸)ごとに戸主(こしゅ)や家族の名前などを戸籍や計帳(けいちょう)に登録され、50戸を1里(り)として編成された。戸籍は人民登録の基本台帳で、6年ごとに作成された。計帳は調・庸を課すための基本台帳で、毎年作成された。
a0226578_10493471.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_1049353.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
3) 班田収受法
 朝廷は、満6歳以上の者に口分田(くぶんでん)を与え、死亡すると6年に1度の班年(はんねん)をまって返還させる班田収受法(はんでんしゅうじゅほう)を実施して、最低限の生活を保障するとともに税を負担させた。口分田は朝廷のものとされ、売買は禁止され、班田収受を円滑に行うために、土地を正方形に区画した条里制(じょうりせい)が全国に実施された。口分田は、6歳以上の良民の男性に2段(反)、女性に1段120歩(ぶ)、また、家人や私奴婢は朝廷から最低限の保障すらされず、良民男女のそれぞれ3分の1とされた。口分田の大きさや与えられた土地までの距離は場所によって異なっていた。なお、1段は360歩で約11.7a(アール)で1170㎡ に相当する。唐の均田制と比較すると、唐では15歳以上の男子には40畝が与えられたが、これをメートルに換算すると2680㎡で、班田収受では6歳以上の男子に2段だから2340㎡与えられたことになる。
a0226578_10503868.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
a0226578_1050338.jpg
(東京法令「日本史のアーカイブ」より)
 次回の第8回日本史講座は、11月8日(土)午後2時より行います。
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2014-10-29 10:53 | 日本史講座 | Comments(0)