日本史講座11月フィールドワーク「飛鳥の遺跡をを訪ねて」①

 日本史講座では、11月16日(日)に飛鳥の遺跡をめぐるフィールドワークを行いました。当日は天気もよくて風も穏やかで、絶好のハイキング日和でした。フィールドワークの参加者は13名でした。
a0226578_975066.jpg
(当日訪れた場所①~⑮ 明日香村わくわくマップより)
 私たちは午前8時に光明池駅から難波で近鉄線に乗り換え、さらに大和西大寺で乗り換えて橿原神宮前駅に到着したのは午前10時頃だった。そこから第一の目的地である飛鳥資料館へとまっすぐ東に向かって歩いた。私たちが明日香村に入ったのは午前10時20分ころであったが、そこにはきれいなコスモスの花が咲いていた。
a0226578_11113525.jpg
(明日香村での集合写真)
a0226578_1121324.jpg
(明日香村にはコスモスの花が咲いていた)
 私たちが飛鳥資料館に到着したのは午前10時45分頃であった。「国営飛鳥歴史公園」という資料によれば、橿原神宮前駅から飛鳥資料館までの距離は3.1㎞で所要時間は30分と書いてあったが、予定よりも15分もかかったことになる。私はこの資料館に入ったのは初めてで、飛鳥の歴史や遺跡、高松塚の壁画や亀石などのレプリカが館内や庭に展示されていた。
a0226578_1132865.jpg
(亀石のレプリカ)
a0226578_11593250.jpg
(石神遺跡で発掘された石人像)
a0226578_11483089.jpg
(資料館での集合写真)
 
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2014-11-17 11:49 | その他 | Comments(0)