ベネルクス3国旅行記26 (クレーラー・ミュラー美術館③)

a0226578_95159100.jpg
(プロヴァンスの干し草の山)
a0226578_9553993.jpg
(夜のカフェテラス)
 『プロヴァンスの干し草の山』は1888年の6月に描かれ、『夜のカフェテラスは』9月に描かれている。ウィキペデアによると、「南フランス・アルルの星空の下、人でにぎわうカフェテラスが描かれている。この絵でゴッホは初めて黒をあまり使わずに夜空を描いた。夜のカフェテラスに描かれている背景の星座は定かではないが、秋の星座には違いない。モデルとなったカフェはアルルのプラス・デュ・フォルムという広場に面した店で、『カフェ・バン・ゴッホ』という名で現存する。」と書かれている。
a0226578_935324.jpg
(ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女)
 この作品は1888年12月のもので、ウィキペデアによると、「アルルで近所に暮らしていたルーラン家の夫人をモデルにして描かれた。花が描かれた壁紙を背に椅子に座る女性が手に揺りかごを揺らす紐を持っている。ゴッホにとっては母性のシンボルであると言われる。」と書かれている。
a0226578_962550.jpg
(ジョゼフ・ジヌーの肖像)
 この作品も1888年12月に描かれたものである。
a0226578_985015.jpg
(郵便配達人ジョゼフ・ルーラン)
 この作品は1889年4月のもので、モデルとなったのはルーラン夫人の夫ジョセフ・ルーランで、ゴッホは書簡で郵便配達人としているが、実際には駅の郵便物取扱係だったとされる
a0226578_9144713.jpg
(日の出の春小麦の畑)
 この作品は1889年5月から6月に描かれたものである。
a0226578_9164921.jpg
(糸杉と二人の女性)
 この作品は1889年6月に描かれたものである。
a0226578_9184821.jpg
(オリーブ畑)
 この作品は1889年6月半ばに描かれたものである。
a0226578_9204996.jpg
(刈る人と太陽のある麦畑)
 この作品は1889年7月初頭に描かれたものである。
a0226578_925122.jpg
(沈む夕日と赤い空に松の木々)
 この作品は1889年11月に描かれたものである。
a0226578_9265848.jpg
(摘む人々のいるオリーブ畑)
 この作品は1889年12月に描かれたものである。
a0226578_9282451.jpg
(アルルの女ジヌー夫人)
 この作品は1890年2月のもので、モデルはゴッホが出入りしたフランス・アルルのカフェの経営者であったとされる。構図の基となった素描はポール・ゴーギャンが1888年に描いたものとされ、ゴッホの筆による同様の構図の絵が複数(4点とされる)ある。そのうちで特に傑作とされるものが、衣服がピンク色の1点である(他の3点は衣服が黒い暗色である)。
a0226578_930035.jpg
(サン=ポール病院の庭の松の木とタンポポ)
 この作品は1890年4月から5月に描かれたものである。
a0226578_9373295.jpg
(糸杉と星の見える道)
 この作品は1890年5月に描かれたもので、ウィキペデアによると、「ゴッホは弟のテオドルスに宛てた手紙の中で、『いつも糸杉に心惹かれている。』と述べ、その『美しいライン』はエジプトのオベリスクのように調和がとれていると語った。ゴッホはフランスのアルルに滞在していた1888年から夜の糸杉を描くことを考えていたという」と書かれている。
 クレラー・ミュラー美術館には、ゴッホ以外にも有名な作品があった。
a0226578_1161064.jpg
(キュクロープス)
 この作品はフランス人オディロン・ディロンが1914年頃に描いたもので、キュクロープスとは一つ目の巨人のことである。
 美術館の鑑賞後私たちは美術館の周辺を散歩した。
a0226578_11181154.jpg
(美術館の周辺)
a0226578_11192338.jpg
(現地ガイドの中川さん)
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2016-05-25 09:46 | 旅行記 | Comments(0)