ベネルクス3国旅行記28 (アムステルダム 運河クルーズ)

 ザーンセ・スカンスを見学した後、私たちはバスでアムステルダムへと向かった。距離で約21㎞、所要時間は約30分の予定である。
 バスがアムステルダムに到着したのは午後5時前であった。アムステルダムの運河クルーズは、午後5時30分出発の団体予約を取っていた。そこで、午後5時出発のボートに乗れないかと添乗員の中川さんが交渉してくれたがだめだった。私たちは約30分待ってアムステルダム運河のクルーズへと乗り込んだ。
 アムステルダムは、13世紀に河口に築かれたダムの周りに発展した町である。アムは川を意味し、ステルは港、ダムは堤防のことであるから、「河港の堤防」という意味になる。町の南には、アムステル川が流れ込んでいる。
  運河クルーズの出発地点は、アムステルダム中央駅の前にあるボート乗り場であった。
a0226578_955155.jpg
(アムステルダム中央駅)
 中央駅の駅舎は、オランダの有名な建築家であるカイペルスとファン・ゲントによって設計された、レンガ造りの3階建ての建物である。これまで有名な建築家によって設計された駅舎は他になく、ネオゴシックとネオルネサンスを融合させた様式である。東京駅の駅舎はアムステルダム中央駅をモデルにしたとされているが、それは間違いで東京駅はビクトリア様式である。
a0226578_928543.jpg
(運河クルーズの乗り場)
 運河クルーズの所要時間は約1時間である。日本語の音声ガイドもあったが、聞き取りにくかった。
a0226578_9364583.jpg
(アムステルダムの智頭『地球の歩き方』より)
a0226578_942431.jpg
(ボートから見える町の建物)
a0226578_9502943.jpg
(聖ニコラス教会)
 この教会はネオ・バロック様式で1887年に建てられた、アムステルダムでは珍しいカトリックの教会である。聖ニコラスは船乗りたちの守護聖人であり、また、子供達の聖者としても有名で、サンタクロースの元となった聖人で今のトルコあたりに住んでいた。しかしオランダでは、11月下旬にスペインからやって来て、12月6日のシンタクラース祭に向けて白馬に乗って各地を練り歩き、12月5日の夜に、オランダの子達にプレゼントを配る。
a0226578_10235989.jpg
(運河のボートハウス)
 アムステルダムの運河にはたくさんのボートハウスがあり、そこで生活している人も多い。
a0226578_10303646.jpg
(運河に架かっている小さな橋)
 アムステルダムはヴェネチアと同じような運河の町で、小さな橋がたくさんある。橋の上にたくさんの自転車が置かれている。
a0226578_103539.jpg
(傾いている建物)
 オランダの国土の四分の一は干拓されたものであり、年々地盤が沈下していき、このような傾いた家が多い。
a0226578_10521993.jpg
(ブルーブリッジ)
 この橋はアムステル川に架かっている立派な橋で、改築前は青い橋だったのでその名がある。この橋の向こうがわに小さく見えるのがアムステルダムで最も有名なマヘレの跳ね橋である。
a0226578_10591145.jpg
(マヘレの跳ね橋)
 この橋は1670年ごろに建てられ、1772年に複葉式の跳ね橋となった。現在、アムステル川にかかる橋としては、唯一の木造跳ね橋である。
a0226578_112263.jpg
(バッグ・ミュージアム)
 このミュージアムは女性用のバッグと財布ばかりを集めた面白い博物館である。
a0226578_1181637.jpg
(ボートから見える街並み)
a0226578_1113195.jpg
(西教会)
 この建物は、1631年建設のオランダ最大のプロテスタントの教会である。塔の高さは85mあり、塔の上に付いている王冠は、15世紀末にこの地方を支配していた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世を記念したものである。
a0226578_11212523.jpg
(アンネ・フランクの家)
 アンネ・フランク一家がアウシュビッツ強制収容所に送られるまでの2年間を、この隠れ家で暮らしていた。
 運河クルーズの終了後、私たちはレストランで中華料理を食べたが、ヨーロッパのどのツアーに参加しても中華料理は必ず付いている。食事の後、私たちはアムステルダムのホテルへと向かった。
[PR]
by YAMATAKE1949 | 2016-05-27 11:26 | 旅行記(海外) | Comments(2)
Commented by f-nobu at 2016-05-28 15:48 x
素晴らしい旅行記を有難う御座います、アムステルダムは由来の通り、運河沿いの町がそのまま、博物館の様ですね、そぞかし、気分は爽快だった事でしょう。
また、写真のアングルが絶妙ですね、グットです。
Commented by YAMATAKE1949 at 2016-05-29 08:47
コメントありがとうございます。
いよいよベネルクス3国の旅行も大詰めとなってきました。
いつもコメントいただき本当に感謝しています。