第13回世界史講座は1月28日(土)午後2時より「Ⅱ軍人政権の時代」と「Ⅲアフリカ・南アジアのイスラーム化」をテーマに行なわれました。受講者は5名でした。
 アラブ人によってはじめられたイスラーム教がトルコ人やイラン人にも広がり、10世紀にはイラン人のイスラーム政権であるブワイフ朝が成立し、11世紀半ばにはトルコ人のセルジューク朝が成立した。セルジューク朝の王はアッバース朝のカリフからスルタン=統治者の称号を与えられ、勢力を伸ばしてシリアからアナトリアに進出した。これに対し、ビザンツ帝国はローマ教皇に援助を求めたが、これが十字軍の始まりである。
 十字軍についてはヨーロッパのところで詳しく学習するが、11世紀末から13世紀にかけて、聖地イェルサレムの奪回を目指して7回実施された。成功したのは第1回だけで、この時にイェルサレムに十字軍の国家が樹立されたが、奪回に当たってイスラーム教徒の非戦闘員や女性・子供まで虐殺し、イェルサレムは血の海になったといわれている。ムスリム(イスラーム教徒)側では、サラディンがファーティマ朝を倒してアイユーブ朝を樹立し、エジプト・シリアを統一し、十字軍を破り、イェルサレムを奪回した。この時、キリスト教徒の非戦闘員や女性・子供は保護されたといわれている。キリスト教徒の十字軍の方がはるかに残虐であったといわれている。
a0226578_20235233.jpg
サラディン(「東京書籍 世界史B」より)
 13世紀にはモンゴル帝国が成立し、フビライの弟のフラグがイランにイル・ハン国を建国し、バグダッドをせめてアッバース朝を滅ぼした。エジプトでは、アイユーブ朝のマムルーク(軍人奴隷)がクーデターによってマムルーク朝を樹立し、モンゴル軍を破った。
 10世紀以降のイスラーム世界では、軍人政権が各地を支配し、諸政権は、トルコ系・イラン系の軍人を主力とし、彼らに給与としてイクター(領地からの徴税権)を授与し、軍団長や地方総督に任命した。君主や軍人は、イスラーム法の担い手であるウラマー(法学者、宗教指導者)を保護し、マドラサ(学校)やモスク(イスラーム寺院)を都市に建設した。また、この頃修行によって神との合一を求める神秘思想=スーフィズムが広がり、スーフィー(修行者)は民衆から崇拝された。
 一方、11世紀以降に北アフリカのベルベル人(ギリシアのバルバロイから来た言葉)にイスラーム教が広がり、彼らのイスラーム王朝であるムラービト朝が成立し、モロッコからイベリア半島まで征服したが、後にアトラス山中におこったムワッヒド朝に征服された。
 西アフリカでは黒人のガーナ王国が8世紀以前に形成されていたが、アラブのムスリム人が往来し、金と塩の交易によって栄えたが、ムラービト朝によって滅ぼされた。13世紀に成立したマリ王国はイスラーム国家で、14世紀のマンサ・ムーサ王は、大量の金をたずさえてメッカを巡礼した。15世紀に成立したソンガイ王国はサハラ交易をにぎり、トンブクトゥは商人とウラマーの集まる都として繁栄した。
 10世紀以降、アフガニスタンのガズニ朝やゴール朝は、北インドにイスラーム教を広げ、仏教寺院を破壊した。13世紀にはデリーを都とする5つのイスラーム王朝がインドを支配し、デリー・スルタン朝と呼ばれる。
 東南アジアでは、10世紀以降に香辛料を求めて、西アジアからムスリム商人が来航し、13~14世紀には、港市国家の支配者は、イスラーム教にみずから改宗し、ウラマーやスーフィーを保護した。
このようにして、現在インドネシアは世界一のムスリムの多い国となったのである。
 以上が今回のまとめですが、今回の講義のなかでは、「十字軍のイメージが大きく変わった。ローマ教皇に対して略奪の許可を求めたり、ムスリムの非戦闘員や女性・子どもまで皆殺しにしたという行為に対して、今までの十字軍は正義の味方というイメージを持っていたが、それは歴史の事実とは大きくかけ離れたものであったことがわかった。」という感想が出された。
 次回の世界史講座は、2月25日(土)午後2時より「イスラームの文化」「ビザンツ帝国と東ヨーロッパ」をテーマにおこないます。(2月11日は祝日でお休みします)
[PR]